有機

c0088931_10263888.jpg


そろそろお正月の雰囲気も終息気味ですね。

年末年始のテレビは特番続きだったので気になった番組をHDDに録画して深夜などにちょこちょこ見ています。

先日ある番組で「有機農法」を数十年続け今やその道のカリスマと言われているある農家の方の特集をやっていました。

有機に取り組み出した当初は失敗続きで収入もなく周囲の農家からも冷ややかな対応を取られていたそうですが「我慢」「我慢」を口癖のように唱えながら日々努力を続け現在の成功を手にされたそうです。

そのときの「我慢」は先日の食品トレイの社長さん同様に、何もしない「消極的な我慢(忍耐)」ではありませんでした。

「ベストを尽くしてあとは我慢する」

いわゆる「人事を尽くして天命を待つ」ということです。

自分にやれるだけの努力をしたあとは天に身を委ねる訳ですが、この「天に身を委ねる」というのが実際は難しい。

普通は努力が多ければ多いほど「結果」に対する執着も大きくなります。

しかし「天に身を委ねる」と言う事は、たとえどんな結果になってもそれが今の自分には相応しい答えだと全てを受け入れる。

結果に対して不平不満などは一切口にせず、また明日への努力をスタートさせる。

自分も天も心から信じているからこそ出来ることです。

一種の「悟り」であり「信仰」と言っても良いのかも知れません。

これを皆が出来るようになれば世の中から不安や心配、敵対心やストレスなど無くなりますね。

僕もその境地に辿り着けるよう日々精進です!

ちなみに最初、有機農法を冷ややかに見ていた周囲の農家の方たちはその後、ひとりまたひとりとその有機の方のもとを訪れ、今やその地域全員が有機農法を行っているそうです。


また全然別の話なのですが、ある番組で「超能力」の特番をやっていました。

若い芸人さんが大勢で合宿をしながら透視を訓練して身につけるというものです。

その中でひとりの女性が驚異的な結果を出されていたのですが、何となく見覚えのある気がしていたら、何と以前CHOBINSONさんライブのときMCをやられていた浅井企画のカーネリアン・さんでした!

畑さんは合宿初期、全員の中でも成績はほとんど最下位でした。

しかしある晩、『今までの方法では相方の海さんに対する不要な依存心が大きい』と別の方法を勧められ、それを実行すると翌日から別人のように成功率がアップしました。

依存心を捨てる事で自己の内側にある能力に目覚めた訳です。

誰しも透視が出来るようになるかどうかは別としても学ぶべき事は大きいと感じました。
[PR]
by st812 | 2010-01-08 19:07 | 日常


<< KYOKUTOU GIRL F... 開運 S S K >>