たまにはカメラの話


c0088931_23572549.jpg



昨年から噂されていたキャノンEOS kiss X2 がついに発表になりましたね。
入門機の一眼デジカメという位置付けですが、プロが仕事で使っても充分な性能があると思います。

僕も普段1000万画素クラスのデジカメを仕事で使用しますが、以前は『1000万画素の印刷MAXはせいぜいA4サイズまで、雑誌の見開き(2ページ)には使えない』と言われていましたが、最近はソフトや印刷技術の向上で見開きどころかポスター(カレンダー)サイズに伸ばしても全く問題なくなりました。

今回記録メディアがCFカードからSD(SDHC)に変わったのは次世代DVDのソニーvs東芝の争いに似てるような気がしますが、今後のデジカメはSD(SDHC)に統一されて行くんでしょうね。

この kiss X2 の発表によって発売秒読みとされる5D後継機の性能も想像出来てきた感じですが、良い意味で期待を裏切ってくれるとキャノンユーザーとしてはうれしいです。

もしあえてメーカーにお願いするとしたら、日中シンクロッターの僕としてはストロボ同調が1/400秒位あると非常に助かります。

ついでに暗いところも大好きなので感度も ISO6400 (低ノイズ)が実現すると、フイルム時代と同じスタイルで撮影出来るようになるんだけどなぁ。
[PR]
by st812 | 2008-01-26 01:12 | 日常


<< 五十音式 雅-miyavi-さん >>