カテゴリ:日常( 167 )

それは

c0088931_9472884.jpg


笛ではありません。

音は出ないけど一生懸命なのでOKです(笑)



ところで子供は何でも口に入れてしまいます。

特におもちゃは噛んだり舐めたり、気が付くと口の中に入っていたりします。

しかし最近は子供のおもちゃに関する気になるニュースがあります。

アメリカの一部では中国製の子供のアクセサリーから有害なカドミウムが検出され店頭から撤去されているそうです。

カドミウムと言えば日本ではイタイイタイ病の原因として知られる発がん性物質です。

何でそんな物質を子供のおもちゃに使うのか理解出来ません。

またその使用理由を聞いて二度びっくりです。

中国製のおもちゃは数年前、有害な鉛や化学物質が検出され日本でも製品の自主回収が相次いだため中国の業者は鉛の代わりに安くて加工しやすいカドミウムを使用するようになったそうです。

日本にあるおもちゃのほとんどは中国製と言ってもいい状態です。

もちろん全てが危険と言う訳ではないと思います。

ただ幼児の親としては、たとえ微量で重度の症状に至らなくても肌や精神の異常、他の病気の起因とならないかなどなど考えてしまいます。

しかし何事も被害者意識を持つばかリではいけませんし、いたずらな犯人探しも同様です。

購入しやすさ、遊ばせやすさなどからからそれらを選択しているのは子供ではなく保護者自身です。

業者や国の対応を批判しているだけでは子供を守って行く事はできません。

高くても安全な物を与えるか、常に目を離さずにいるか、食の安全と同じく正しく冷静に取捨選択をして行かなければと自分自身の事として強く思います。
[PR]
by st812 | 2010-01-25 22:22 | 日常

早く来い来い

c0088931_20332087.jpg


今年の春はエルニーニョの影響で桜の開花は早まりそうなんですね。

しかも関東の花粉は昨年のわずか3割。

マスク要らずで過ごせるのでしょうか。

今年は久しぶりに多摩川でお花見やりたいね、岡崎君!
[PR]
by st812 | 2010-01-24 23:38 | 日常

0123

c0088931_20151126.jpg



早いものであの日のアストロホールから一年がたちました。


あの日の覚悟、表情、唄、緊張と喜びを生涯忘れる事はありません。


「金色のライオン」最高でした。
[PR]
by st812 | 2010-01-23 20:13 | 日常

ニホンザル

c0088931_19451352.jpg


上野動物園のニホンザル。

雑種です。

近々、青森の天然記念物のニホンザルと総入れ替えになるそうです。

純血を守るとの理由で雑種は追いやられます。

ほとんどは行く当ても決まっていないそうです。

おサルさんが大好きな子供たちには全く想像できない大人の事情です。

愛を持って飼育されてた飼育員の方々の心を思うと胸が痛みます。

どうかこのサルたちに安息の地が見つかりますように。
[PR]
by st812 | 2010-01-22 19:44 | 日常

お出掛け前

c0088931_1094279.jpg

出発を待ちきれず「早く車を出せ〜」と騒いでいます。

「そんな態度ならどこも連れてかないぞ!」と言うと、


c0088931_1095246.jpg
「いや〜ん、良い子にしてるっチュー」と一変(笑)



そんな謙一も早いもので4月から小学生です!!
[PR]
by st812 | 2010-01-18 10:09 | 日常

行列

c0088931_1144164.jpg


もう遅過ぎる位ですが、今日を逃すとアップ出来ない気がして最後のお正月写真を載せてみました。

先月、上野動物園にて並んで撮って来た写真です。

今朝の東京は冷え込みが一段と厳しいなあと思っていると、実家の熊本では「大雪」のようです。

小学生のころ雪が降ると授業を止めてみんなで雪合戦をした記憶がありますが、今頃熊本の子供たちもやってるのでしょうか。

さて東京は晴天です。

撮影日和です。

今日は午後からポニーキャニオンさん所属の某アーティストさんの撮影へ行ってまいります!
[PR]
by st812 | 2010-01-13 12:02 | 日常

有機

c0088931_10263888.jpg


そろそろお正月の雰囲気も終息気味ですね。

年末年始のテレビは特番続きだったので気になった番組をHDDに録画して深夜などにちょこちょこ見ています。

先日ある番組で「有機農法」を数十年続け今やその道のカリスマと言われているある農家の方の特集をやっていました。

有機に取り組み出した当初は失敗続きで収入もなく周囲の農家からも冷ややかな対応を取られていたそうですが「我慢」「我慢」を口癖のように唱えながら日々努力を続け現在の成功を手にされたそうです。

そのときの「我慢」は先日の食品トレイの社長さん同様に、何もしない「消極的な我慢(忍耐)」ではありませんでした。

「ベストを尽くしてあとは我慢する」

いわゆる「人事を尽くして天命を待つ」ということです。

自分にやれるだけの努力をしたあとは天に身を委ねる訳ですが、この「天に身を委ねる」というのが実際は難しい。

普通は努力が多ければ多いほど「結果」に対する執着も大きくなります。

しかし「天に身を委ねる」と言う事は、たとえどんな結果になってもそれが今の自分には相応しい答えだと全てを受け入れる。

結果に対して不平不満などは一切口にせず、また明日への努力をスタートさせる。

自分も天も心から信じているからこそ出来ることです。

一種の「悟り」であり「信仰」と言っても良いのかも知れません。

これを皆が出来るようになれば世の中から不安や心配、敵対心やストレスなど無くなりますね。

僕もその境地に辿り着けるよう日々精進です!

ちなみに最初、有機農法を冷ややかに見ていた周囲の農家の方たちはその後、ひとりまたひとりとその有機の方のもとを訪れ、今やその地域全員が有機農法を行っているそうです。


また全然別の話なのですが、ある番組で「超能力」の特番をやっていました。

若い芸人さんが大勢で合宿をしながら透視を訓練して身につけるというものです。

その中でひとりの女性が驚異的な結果を出されていたのですが、何となく見覚えのある気がしていたら、何と以前CHOBINSONさんライブのときMCをやられていた浅井企画のカーネリアン・さんでした!

畑さんは合宿初期、全員の中でも成績はほとんど最下位でした。

しかしある晩、『今までの方法では相方の海さんに対する不要な依存心が大きい』と別の方法を勧められ、それを実行すると翌日から別人のように成功率がアップしました。

依存心を捨てる事で自己の内側にある能力に目覚めた訳です。

誰しも透視が出来るようになるかどうかは別としても学ぶべき事は大きいと感じました。
[PR]
by st812 | 2010-01-08 19:07 | 日常

開運 S S K

c0088931_17401068.jpg


新年ですのでちょっと得する(かも知れない)耳より情報をGETしましたのでお届けします。

「 開運 S S K 」ってご存知でしょうか。

決して怪しいマルチ商法ではありません(笑)

運を開くための簡単な三か条です。

これを実行すれば今日から素晴らしい毎日が始まります!



S ・・・ 掃除

S ・・・ 粗食

K ・・・ 感謝



「掃除」

自分の部屋や仕事場の状態はその人の心を表すと言います。

心の整理が出来ていないと部屋もデスクも雑然として来る。

要らない物を捨て整理整頓をすることで物事に対する不要な執着を捨て心をきれいな澄んだ状態にします。

きれいな場所にはきれいなエネルギーが流れ出します。

良いエネルギーは良い事を運んでくれます。



「粗食」

粗末な食事ではなく質素な食を意味する粗食です。

カップ麺やバーガー1個でオッケーと言う訳ではなく日本古来の質素な食生活です。

油物や乳製品、砂糖や添加物などを極力避け、季節に合った野菜を多く食べる。

肉類も牛や豚などのいわゆる「四つ足」を避ける。

体内にある人間本来の様々なエネルギーを食べ物を分解、解毒することに出来るだけ使わない。

それによって臓器の働きが正常になり心も安定し直感力や判断力が高まり運気の扉が開く。



「感謝」

不平不満や人の悪口、陰口、嫉妬などマイナスな言葉を吐けばその言葉はマイナスなエネルギーとなってその人自身を取り囲み運気を低下させる。

しかし日々の生活に感謝し周囲の人々にたくさんの「ありがとう」を伝えれば、プラスのエネルギーとなってたくさんの「ありがとう」が返ってくる。




非常にシンプルで理にかなった三か条だと思います。

今年は「SSK」試して見ようと思っています。

個人的には一番の難関は間違いなく「粗食」です(笑)
[PR]
by st812 | 2010-01-07 19:07 | 日常

業務開始

c0088931_124298.jpg


昨日から事務所始動しました。

年末に撮影した写真の本番データ作成が続々と来ており、パソコンに向かっての仕事始めとなりました。

同じ机に向かって長時間作業をしているとさすがに集中力も持続しづらいので、ノートパソコンを持って部屋を渡り歩きながらデータ作成をしています。

考えてみれば、ほんの数年前までは移動出来ない暗室に一日中こもりっきりで作品を作っていました。

部屋を出るのは食事とトイレと現像液の交換のときくらいだったのに、今は少しするとインターネットやメールを開いて見たり、テレビを付けてお茶をしながら作業をしたり、外出したりと集中力が短くなっているように思います。

写真1点を仕上げるのに掛かる平均時間で言えば圧倒的にプリントの方が長い時間を必要としたのに、暗室という暗闇で、絶対に電気を付けられないという不自由な環境が逆に集中力を持続させたのでしょうか。

人は「誘惑」が少ない方が良い仕事が出来るのかも知れませんね。

そう言えば昔からお世話になっているあるアーティストの方は、作詞やレコーディングを必ず俗世間から離れた場所で合宿形式で今も行っていらっしゃいます。


以前物を創る仕事をしている人達との会話の中で『創作は昼と夜、おもにどちらで行うか』という話題になった事があります。

結果は僕を含めほぼ全員が「夜派」でした。

その理由も共通していたように思います。

「量」を進めるには朝から作業をした方が当然 はかどり ます。

しかし「質」で言えば深夜の方が断然良いものが出来ます。

決して僕が朝に弱い訳でもありませんし、写真に対する想いも昼夜で変わる訳ではありません。

でもこればかりは十数年カメラマンをしていて昔から変わることがありません。

ただ撮影だけで言えば昼でも夜でもその完成度に違いはないのですが、プリントやデータ作成などの最後にもう一度写真に魂を吹き込む部分では大きく変わって来ます。

もちろん夜の方が心身の疲れは溜まっているのですが、おそらくは夜の静寂が心を精錬させ目に見えない世界からのインスピレーションをより受信しやすくなるからではないかと思っています。



*普段お仕事をさせて頂いてるデザイナーや編集者の皆さん、お願いですので『あの写真、昼やりました? それとも夜?』って聞かないで下さいねー(笑)
[PR]
by st812 | 2010-01-06 10:38 | 日常

何を見ているのでしょうか?

c0088931_15352738.jpg

c0088931_15354610.jpg

c0088931_15355785.jpg

c0088931_15361144.jpg

c0088931_15362410.jpg

正解は、ヘブンアーティストによる大道芸です!!!

休日の上野公園で見て来ました。

家に帰ってからも「ボール持って来てよ〜 僕もやれるよ〜 ほらほら見て見て〜」と大興奮でした(笑)
[PR]
by st812 | 2010-01-05 15:34 | 日常